2020年開催のeスポーツイベント

2020年開催のeスポーツイベント

近年話題となっているeスポーツ。

eスポーツはオリンピック種目への追加が検討されているほど人気を集めていて、毎年多くのイベントが開催されています。この記事では、2020年に開催予定の注目のeスポーツイベントを紹介します。日本国内のものから世界規模のものまで毎年多数のイベントがあるので、どのようなものがあるのか見てみましょう。

2020年開催のeスポーツイベント

闘神祭2020 -World Championship of ARCADE-

闘神祭2020 -World Championship of ARCADE-とは、2015年度よりタイトーが開催している国内最大級のアーケード版eスポーツ大会です。

闘神祭2020 -World Championship of ARCADE-は、2019年12月7日~2020年4月12日に予選およびエリア決勝が開催され、全国決勝大会が2020年5月16日(土)・17日(日)に予定されています。予選はアメリカでも開催されており、日本国内だけでなく、海外からも注目されているイベントとなっています。

2020年大会ではそれまでの格闘・アクション部門、ドライブ部門に加え、音楽部門、パズル部門が追加され、より盛り上がりを見せています。

RAGE

RAGEは、株式会社CyberZ、エイベックス・エンタテインメント株式会社、株式会社テレビ朝日が共催する国内最大級eスポーツイベントで、2020年1月25日(土)・26日(日)に予選、2020年3月15日決勝が予定されています。RAGEは年に4回開催されていますが、現時点では上記の日程のみが発表されています。

優勝賞金は400万円。毎年大注目のeスポーツイベントとなっています。競技タイトルは「Shadowverse」といい、定員は10,000人となっています。プロも参加する大注目のイベントであり、誰もが無料で参加できるオープンな大会です。そのため、初心者でも実力試しとして参加が可能です。

RAGE Esports Event

そして、RAGEの優勝者には国際的なeスポーツイベントへの参加資格が付与されます。そのため、世界レベルの有名選手も参加する、ハイレベルな大会としても知られています。

Predator League 2020

Predator League 2020とはアジア・パシフィック各地の国の代表者が参加する国際的なeスポーツイベントです。

2020年2月にフィリピン・マニラでグランドファイナルが開催されることが決定しており、アジア・パシフィック最強の称号をかけて戦いが行われます。

グランドファイナルのタイトルには「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS 」と「DOTA 2」が採用されており、賞金総額は400,000ドルとなっています。

日本での予選は2019 年11 月30 日(土)~12 月15 日(日)にすでに終了しており、優勝、準優勝の2 チームが来年のグランドファイナルに出場することが決定しています。

eスポーツに興味のある方は、機会があればこれらのイベントを観戦してみてはいかがでしょうか。