Xbox oneとPS4の違い

最近のゲームソフトには、複数のコンシューマーゲームに対応しているものが多くあります。同じタイトルをプレイすることができるのであれば、XboxかPS4、どちらを選ぶべきなのでしょうか?
ここではそれぞれの項目ごとに、どちらが優れているのかを考察していきたいと思います。

PS4 vs XBOX

①ゲーム機の基本性能

まず基本スペックをみてみましょう。ゲーム機の命であるCPU・メモリ・GPUを比較して見ると、CPU,GPUはほぼ互角のスペックですが、メモリはXbox oneの方が性能がよく、グラフィックの描写力が高いです。

②独占タイトル、ソフト数

そのゲーム機でしかプレイができないソフトを独占タイトルといいます。この数で比較すると圧倒的にPS4の方が多いです。しかしXbox oneには後方互換機能というものが備わっており、Xbox360や初代Xboxのソフトもプレイすることができます。そのことを踏まえると、ソフト数で優劣をつけるのは難しいです。

③コントローラーの使いやすさ

コントローラーについてはXbox oneの方が使いやすいと評判です。手に馴染むデザインが操作の安定に繋がり、特にFPSシューティングゲームなどで真価を発揮します。またR2、L2ボタンまで振動する作りになっており、ゲームの臨場感を高めてくれます。

④メディア再生

これもXbox one Xに軍配が上がります。UltraHDのBlu-Rayがまで再生することができるので、一般的なBD再生機として使えます。

以上、それぞれのメリット・デメリットをみてきましたが、結果的には若干Xbox one xのほうが優れているような気がします。しかし、スペックの違いは微々たるものなので、どちらかを選ぶのであれば、プレイしたいソフトが充実しているほうを購入すべきでしょう。
またどちらの機種も、次世代機が同時期に発売されることが決定しています。そうなればまたスペックの相関図も変わってくるでしょう。